-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-20 17:51 | カテゴリ:poetrical punk 00B
JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--110220_181024.jpg

真新しい光のなかを、旅立つ用意をする列車、
日々は繰り返しに過ぎなくも、
時間は止まるつもりもない、
古びて錆びたレールの上を、

今日この始発に乗る男、
名前はミスター・ペイズリー、彷徨いながら生まれ育った街を出る、
振り返るモノクローム、涙らしきは流れなかった、
冷気のなかにも薫風が、

列車は何処かへ誰かを運ぶ、
浮上する雲、黄金の陽、
メキシコシティから届く、いつか触れた夏の光とその影と、

明日この列車に乗るつもり、
名前はミス・ウェンブリー、サキソフォンを抱えてた、
鳴らせる国へ旅立つつもりと、通過の街を振り返る、

沸き上がる感傷は、誰の胸にも迫りくる、
その想いに潰れないよう、僕らは目を閉じ未来を想う、
傍らにいた人を、夜を賭けて愛した人を、
喝采と喧噪に紛れた時間を、

口笛なんて汽笛に消されて、
僕らがゆく道の世界は霧にかかって、
白くかすんで見えはしない、

それでいいんだ、あらゆる紳士と淑女と悪党、
世界は誰のためにもあって、
誰のためにあるはずもない、

口笛鳴らした、そのメロディはどこかで聴いた?
故郷の歌じゃなかったはずだ、だけど歌はいつも優しく僕らを照らす、



JACKPOT DAYS!! -poetrical rock n'roll and beat gallery--海賊ビリー 新ロゴマーク.png
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/1047-5233fce6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。