-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-27 07:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「あと少しだけ」


 あと少しだけ。あと少しだけでいいんだけどな……右斜め前の短い髪のつむじあたりを眺めながら私は思う。
 その向こう、黒板の右にかけられたカレンダーをじっと睨む。少し目が悪くなったみたいで印字された日数がぼやけて見えた。教科書に押しつぶされそうになっていたメガネ(……振り返られたときに似合っていないメガネ姿を見られたくない……)をかけて残りの日数を確認する。

 私の席は窓際のいちばん後ろ。南に向いていて真冬でも頬が赤くなるくらいあたたかくなる。同じ教室のなかでも廊下側と窓際では見える景色が違う。

 私はこの三年間でいちばん好きな席にいる。背の高さを気にして猫背気味になることもないし、陽射しに包まれてうたた寝だってした、それに。
 それに、右斜め前には三年間同じクラスなのに一度も話したことのない、いつもどこかでその姿を追いかけていた人が座っている。
 春になれば遠くへ進学するって笑ってた。
 話すこともないのかなって、でも、残りの時間に「ひょっとしたら」があるかもしれない、そのときにはメールアドレスを聞かれるかもしれない。

 メガネでクリアになった視界に右斜め前の背中が、小さな頭が映っている。今朝は慌てたのか、寝癖ではねたひと束。一度、コツンとゲンコツをしてみたかったなって思う。
 可愛くもないのに上目遣いを練習してみたり(睨んでるみたいだと言われた)、頬杖をついてアンニュイさを演出してみたり(「夜更かしでもした?」って聞かれた)、お弁当を小さくしてもらったり(お腹が空いて帰りにラーメン食べた)……いろいろ、いろいろとやってはみたんだから。
 だから、と言うのもおかしいけれど、せめて、この席で過ごせる時間が一秒でも長くなればいいのにって、カミサマにお願いだってしてみる。

 卒業式の要項が書かれたプリントがリレーされてくる。彼が振り返る、少し痩けた頬が過ぎた時間を感じさせる。私は慌ててメガネを外すけれど、きっと気づいてないんだろうなって思う。
 
 教壇では先生が残りわずかな高校生活についてのありがたい訓示を述べているところで、でも私はいつもどおり右斜め前の後頭部を見つめていた。

 あと少し。そう、あと少しの間はここでこうしていられる。
 いつかずっと未来、記憶が都合良く書き換えられてしまったとしても、この席で過ごした数ヶ月は忘れたくないなって思う。
「たまにはこっち向けコノヤロウ」って念じ続けた、情けなくて愛おしい時間のことを。




にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-26 18:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「靴磨きのアッシュ」


 夕暮れは近く、西のほうは深みを増した青が黄色を挟んでオレンジにグラデーションを描いている、教会から鐘が聞こえる、街がヒトがイキモノたちが今日を終えようとしていた。

 オルガンとアコーディオンが鳴り始める、夜が覚醒しつつある、毛皮や皮革に身を包んだ者々が闊歩する時間に変容する、彼ら彼女ら紳士淑女を派手なドレスが迎え入れる。

 その日いちばんの上客を見つけた、ワニの皮でできたウイングチップを履いていた、ワニ皮は台に足を乗せて言った。
「代金ぶん、しっかり磨けよ」
 見下ろす眼は赤く濁り、酒臭い息をしていた、横柄な態度には慣れている。
 分かりました、ぼそり呟いて少年はそのクツを磨き始める。
 いちばんの上客だ、改めてそう思う。サイフには厚みがある、相当な金額を持っているはずだ、パーティでもあるのだろうか、このあたりでは見かけない顔だ、胸のチーフの素材は夜に紛れない金色だった。

 少年は思う。
 ありったけをいただきますよ、そのクツもチーフもサイフもね。
 表向きは靴磨き、夜の彼は手練れのスリだった。見上げる視線に今夜の獲物がだらしなく笑っている。

 夜があんたの時間だと思っちゃダメだよ。
 油断大敵。明日から気をつけて歩きなよ。貧困を装うあどけない顔、口笛が通りを抜ける。暗がりから駆けてくる子供たちは彼の仲間だ。


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-24 18:30 | カテゴリ:Twitter ✖ 文芸パンク

「夕こそ君は僕に問ふ」


夕こそ君は僕に問ふ、
今日はなにをしたのかと、
瞬に答えは見つからず、
今日もただ生きていただけ、
そう応える以外にない、

あぶくのような言葉を拾い、
咀嚼しては煙とともに吐き出して、
途上の路上に果てて絶えた死体を跨ぐ、
空割るサイレン、カラスの腹の白い濁点、

去年の夏に灼け褪せた、麻のコートのポケットに、
ついぞ忘れた夢見のメモが、あのころもまだ生きていた、
アッシュグレイに染めた髪、
ダークブルーの上下の農夫は火種を探している様子、

夕こそ僕は僕に問う、
いままで何をしていたのかと、
駄文綴りし原稿用紙と売れない絵の下書きと、
欲しがる麻薬はそぞろ歩くネズミの親子にくれてやるって、
何ひとつやり切れない、
夕こそ僕はなにひとつなく呼吸していた、
そう応える以外にない、


Twitter @machinegunbilly

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-21 07:30 | カテゴリ:文芸パンク

「死んだ鉄に旗を振る」


陰鬱そうに濁る雲、
暇つぶしに雨でも降らせてやるかって、
天は神の視座にて見下ろし地上を嘲笑う、

野良は鎖を羨ましげに、
飼われ犬はその拘束に気付くことなく、
地上25センチの視点に於いて、交錯するのは光でも影、
その間を砂煙が吹き抜けてゆく、

溶けない氷を持っている、凍え続ける胸の奥、
黒い血液溢れた躯体、乾いて色のない花束、
死して屍拾う者なし、風雨に錆びた鉄の骨、

僕がやがて死するとき、その隣には誰もいない、
できればそのまま誰一人、忘れ去ってくれればいい、
存在すらなかったものと、

歓声がわりの喘ぎ声、
旧世紀のポルノ映画を垂れ流してる、
赤毛たちが夢の跡、
拾いもののボタンダウン・シャツ、袖を拾い木くくりつけ、
外灯下の左カーブで青い虚空に8を描いてひらめかせてる、
「ゴールはすぐそこだから」って、
勝利に栄光があるわけでもなく、敗者はただうな垂れるだけ、

孤独を連れて踊る死神、
「今日は星の巡りがいい」って、
本気で占い信じる馬鹿を相手に得意げだった、
雨がやんだら氷から雪、放物線を描く虹、
ドラッグレースが駆け抜ける、
ゴール付近の虹の下では臓器を取られた死んだ躯体が鉄の骨になっていた、
乾ききった風に吹かれた、其れは小さなころ見てた、
氷のなかで眠ってた、前時代の巨象の果てた姿に似てた、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-19 07:30 | カテゴリ:文芸パンク

「歩く野良のフットプリント」


イヌの足跡、あてもないのに直線だった、

パジャマのうえに毛皮のコート、
左肩で目を閉じる、キツネの頭をときどき撫でる、
鎮痛剤を探してるんだと、凍えながらアイスキャンディ、
脚の欠けた古い椅子を引きずりながら、
声だけ老いた若い男はガードレールに沿って歩いた、

顔じゅう油で汚してる、子供はあるものすべてに落書きしてた、
テールランプを黒く塗る、制限速度をゼロにする、
ベンチでうたた寝、スーツの背中に好きな食べ物羅列した、

独り声を張り上げて、ノートからセリフを拾う、
好きな映画を訳してるんだと得意顔、
半世紀も前、無声映画のタイトルばかりが並んでる、
マフラー代わりに巻いた包帯、安いグロスで赤が点々、

吠え続けて噛みつくばかりのイヌには口輪、
食べられないまま痩せ細り、
放たれた、熱は行方を探してた、
見つからないまま冷めて堕ちるか、

イヌの足跡、あてもないのに直線だった、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-18 07:30 | カテゴリ:文芸パンク・憧

「あいのうた」


誰にも届かないよう歌う、
爪弾くギター、夜想曲、震える唇、
新芽に一粒、宿す光は雨の一滴、
明日には雪に変わるんだろう、

枝に残る一葉を、苛立ち舌打ち毟り取る、
微かな希望は効き目の薄い常備薬、
溢れ返る愛の歌、どうにも耳に馴染まない、

永遠なんて欲しいと想うことはない、
そこまで無垢でも幼くもない、
一瞬だけで、目蓋に焼きつく光だけ、
それだけあればずっと忘れないって知っている、
思いもがけない意外な景色を憶えているのがヒトだから、

明暗、どちらに振り切るもなく、
カラダの奥は揺れ動く、
晴れ間に氷が降り出すときの、
乱反射が溢れる天、倖せだったと思えるのはそれを知った冬の終わりの夜明け前、

爪弾くギターで夜想曲、吐く息には白銀まじる、
ピックが弦に擦れるときの、
震える音には一瞬だけは花咲くときの色を想うときによく似てる、



Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-17 18:30 | カテゴリ:文芸パンク

「豊潤なる実りの季節」


駆けゆく山羊の群れと群れ、
四方八方、踵鳴らして遠く小さく、
離れずにいる仔の一頭、雪の音色の鈴を残した、

空白へと果てた原野へ、踵を返す山羊使い、
伸びた影の長い手足に、重ねた日々が育てた体、

藁で編んだ靴を素足に、剥がれて赤いままの指、
花飾りのティアラを君に、忘れまいと憶い出せずに、
恋人といた夏の日の、静かな風に揺れた穂のことを、

いまや沈痛、枯れ果てたる真冬の景色、
呼吸すらもままならない、息の絶えた山羊の骸が傍ら眠るヒトに沿う、

豊潤なる実りの季節、夢にまで見た金の草原、
僕たち確かに生きていたって、
駆ける風だけ憶えてる、
君はいない、僕もいない、
耳鳴りだと錯覚するほど孤独なる、
雪の原野でヒトは思った、

光は一瞬、そしてまた目を伏せる、
豊潤なる実りの季節、其れが何であったのか、
記憶のなかの君は知らない、いまの僕は其れを想うこともない、
だけど確かに存在してたと、眠る前の僕は虚ろながらに夢を見る、

此処にいるのはかつての君と、
傍ら笑う幼い僕と、
繋いだ手のひら、その温もり、
消えないようにと祈っていただけなんだ、

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-13 12:36 | カテゴリ:文芸パンク・憧

「ピアノガール」


楽譜読めないピアニスト、彼女はグランドピアノの天蓋に、
思いついたメロディ綴る、ドレミや記号は分からないから、
気分やデッサン殴り書く、

赤青緑にパステルカラー、
元の黒が見えないくらい、ピアノに想いが詰まってる、
天蓋だけじゃどうにも足りない、
鍵盤だとか足だとか、空白じゃなく空いた黒、
隙間見つけて書き尽くす、

窓の外に聞こえる風や、弾けた風船割れる音、
嬉しそうなおしゃべりや、着飾るカチューシャ、
転んで泣く小さな子供、すべてに音階あるって知ってる?

調律師にもらったシルクのスカーフ、
柔らかい春色ピンクは鮮やかで、キザな香水残ってる、
それにメロディつけてみたい、なのに胸が熱くて何ひとつも書き連ねられない、

暮れる光が差し込むピアノ部屋、
鳴らしたい音あるはずなのに、今日もスカーフ抱きしめるだけ、残る匂い抱きしめるだけ、

楽譜が読めないピアニスト、彼女は聴きたいメロディじゃなく、
聴いて欲しい気持ちがあるって知った、
それはドレミや楽譜じゃ伝わらないから、
弾けなくなったピアノ叩いて聴かせてる、
膝の上のスカーフに、





にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 人物イラストへ
にほんブログ村



【PR】
流星ツアー (表題作を含む短編小説集) / 田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-09 22:00 | カテゴリ:文芸パンク

「酷薄なる冬の経路に」


吹雪く風を突き抜けた、尖るガラスの破片のそれが、
容赦もなく痩せた頬を貫いた、数万本に射抜かれて、
南へ向かう鳥の羽根をふと思う、かすれて鳴らない口笛で、
鳴らしたはずのクラクション、

twitter@machinegunbilly


真冬の鉄塔、有刺鉄線、
灰に曇る天に銀、
ばら撒かれる追憶は、
骨組みだけが鮮やかに、舞う灰咲いて黒くも赤く、
清々しい程、酷薄だった、
twitter@machinegunbilly


数秒先を手にする前に突き抜ける、
瞬間だけは背骨に沸騰した血が流る、
色の潰れたモノクロの、視界の先に狂い咲く、
落ちる陽こそが神だと知った、

twitter@machinegunbilly



Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-09 12:00 | カテゴリ:文芸パンク

「発光」


凍りついた湖を、その氷を見に行こうって、
目覚めたのは夜が過ぎてゆく少し、
少しだけ前のこと、窓から覗く東は白く発光してた、
昨日の映画のビデオは予告編を繰り返してる、
新作だった10年前をふと想う、

ドラッグレースの痕跡残る、
タイヤの型のついた花束、泥を吸って眠ってた、
「暇潰しに死んじまって」
「潰せただけマシ」って独り言みたいに、
運命論者じゃないにせよ、やがてはその日が訪れる、

生に意味などないように、
死にも意味などないように、
〝個々の魂なんぞにわざわざ意味など持たせるものか〟
花びら一枚くわえた鳥は、
群れから離れ湖へと旅立った、
純粋さに呆れてるだろう、内包される愚かさには嗤いさえ噛み殺す、

耳を澄ませば風が空から流れてゆく音だった、
目を閉じ耳に手のひらをあて、風が空を切ってゆく、
どこ吹く風か、真下に金と銀の細い星、
カーブに散った暇つぶしの痕跡なのか代償か、

安い酒で容易い夜を明かしては、
澄み切らない琥珀の泡を眺めた時間、
あてどもなく彷徨った、日々をいつか振り返るのか、
永遠たりしは一度もない、欲しくもなかったろうって今日も、
発光したフィルムのなかに溢れてた、
一糸纏わぬ美貌の曲線、時は過ぎゆき時代も巡る、
もつれにもつれた内面吐露を繰り返す、
冴えないときは有り触れて、
何処にでもあるはずの、ありふれたる午後の景、

探していた湖なんて、視界のどこにも見つからない、
それは探していたつもり、つもりだけの幻だった、

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-09 07:30 | カテゴリ:文芸パンク


「雪の日のアルペジオ」


雪が降る、
拙く単音、人差し指で譜面をなぞる、
習い始めた少女のように、
追想まじえた雪が鳴る、

暖炉に燈る、揺らいで浮く火、
キーの欠けたタイプライター、
凍りついたグレープフルーツ、齧る私についての短文、

真白な外の地中から、小さな緑の二枚が「やぁ」って、
声をかけたそうにも見えた、
その薄紅が咲くころは、私はもう此処にはいない、

読み人いない手紙を書いて、封してそれにキスをする、
暖炉にくべて溶けてゆくまで、
想い出すのは声と横顔、

人より独りが好きなヒト、
窓の四角に濃すぎる蒼が、
月の夜にも影がない、
此処にも何処にも居続けない、
独りぼっちのヒトリのことを、
胸の奥が呟いていた、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-05 18:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

〝killing me softly〟


 気持ちはいい、とりあえず、やっぱり。だって、あたしも人間だから。あ、この場合の人間ってのは大きな意味で「動物」に含まれてるわけ。
 そう、動物だから肌を重ねて夜を過ごすのは特別なことじゃない、むしろ当然の行為だと思ってる。眠いときは眠るし、お腹が空けば食べるし、したいときは誰かを探す。

……貞操観念なんて退屈な発想は勘弁してよね。そんな縛りプレイみたいな生き方はあたしには合わない、ルールが好きな人はずっとそのなかで檻に閉じ込められてればいいだけだしね。
 どちらが正しいとか正しくないとか、それ自体が単なる拘束だし束縛だし、あたしはそんな制度の外にいたいだけ。
 それでなくても不自由と閉塞が極まる世界でしょう?

 あんたたちが大嫌いで、でも、どこかで憧れてもいるビッチになるって決めたんだから。
……誰とでも寝る女の子って、オトコたちは大好きでしょう?
 だからあたしは体を提供する代わりにありとあらゆるものを戴いてくの。
お金でも情報でも、そいつの才能だったりね。それがないならタダはゴメン。
「この世はすべて等価交換なの」って、脱ぐ前には絶対言うから、それがあたしのせめてのルール。

 退屈すると死を思うから、気持ち良くないまでも、せめて退屈だけはさせないで。あたしだっていつもギラギラに磨いてるんだから。


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-05 00:00 | カテゴリ:文芸パンク

「見上げれば鮮やかすぎる」


見上げれば鮮やかすぎる、青は浅い波間のように、
天を突き抜く、色が意味をなさなくなって、
如何に大きく青くあろうが、救われるでもなかろうに、
不甲斐ないから遥か彼方を見ているふりして雨が降ればいいと思った、

荒れに荒れた季節は過ぎず、手の中に冷えてくのはダージリン、
香も熱も凍りゆく、
見上げた空の、そのあまりの極彩色に、

言葉など在るはずもなく立ち尽くす、
感嘆さえ遥か超え、
もはやそこには畏怖しかなかった、
鮮やかすぎて目に染みる、天が堕ちてしまえばいいと、
去来の想いの途方のなさよ、

群れから離れる一羽の白は、
無垢なる其れより濁る冬を越える者、
雪のなかで揺れながら、
浮き沈む、打ち際にて砕かれて、
弾ける泡の粒に宿る光のよう、

儚く咲いて儚くも散る、
飄々さえも冷淡に、ひとつの感触、感慨もなく、
儚く咲いて儚くも散る、
なぜそのように孤独に喘ぐこともなく、
全うすべきの命になれない、滑稽すぎるヒトがいる、



Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-02-02 18:00 | カテゴリ:文芸パンク

「マイノリティ・ボイス」


パントマイムで火吹き芸の形態模写の、
猫背の少年、路傍で浴びる囃し声と醒めた視線、
慣れたふりに慣れてしまった、
〝腎臓だけじゃ足りないんだ〟と、
いつでも泣ける用意をしてる、
悲しいことを思い浮かべる、病気の弟なんていない、

夢想家たちは耳触りの良い言い訳、
両手の指じゃ数えきれないくらい集めて、
憂うつもりで高みの視座から救いの文言、

〝欲しがり達がゆく人々の、足元見てるの気づいてた?〟
〝一夜限りの愛でも買ってゆきなよ〟
男娼たちは青く澄んだ寒空で、影で舌出しする談笑、

オイル吐き出し虚空に放火、赤のなかに獣は今日も、
憐れみなんぞメシのタネにもなりはしない、
〝それならいっそ、一夜限りの愛でも買いな〟

右を向いて左を向けば、
そこらじゅうに落ちてる愛と、有り触れたる安い希望、
背を向け唾吐き、自ら偽る日々に生く、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。