-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-23 07:30 | カテゴリ:ショートショート・フィクション

「パープルヘイズ」


……波の上、水鳥、軽やか、駆けてゆく、
輪になる波紋は緩やかに、流れに沿ってふくらんでは消え、
 打つ際にて砕けし水は、浴びたばかりの生きた光を乱れて返す、
 遥か底には転がるのをやめた石、
 呼吸を忘れ、つく
眠り、
 ミドリとアオとキが混ざる黒、
 干上がるまで誰も知らない。

「昔、レモンだったと言ったところでそれを信じる者もなく」

 操業終わりの造船所前、バス停を挟んでガスステーションがある、その向かいにできたばかりの真新しいサンドウィッチ・スタンドではカウンターのなかでコック帽を斜めに被ったマスタード色のエプロンが隠しもせず欠伸をしてた、退屈で眠くて過ぎ去る時間を待つだけだった。

 男がふたり酔っているのかいないのか、持ち込んだボトルは空になっていて、ラベルは雑に剥ぎ取られてた、パンをめくって具をひとかじりしたサンドウィッチはブラインド・カーテンから差し込む朝で鍵盤みたいに見えなくもなかった。
 ふたりが話し合っているのは今年流行る神様のことらしくて、結論は出ないが、なんにしても適当にどれかが流行るだろうと腹を揺すって笑った、カウンターではムラサキ色のドレスを着た女が首に下げたネックレスのパールの数を数えてた、100まで数えて忘れてしまってコック帽にコーヒーのおかわりをねだる、明日は絶対お金払うからって、プラスチックのパールを弄ぶ。
 ノースリーブから華奢な肩が伸びていた、二の腕には少し肉がついていて、パールを数えるたびに小刻みにそれが揺れた、薄い乳白色だった。

 彼らが描いているのは夜とその向こう側であって明日ではない。
 明日になる、明日がくると似て非なるがほぼ変化がなく一日分の時間を経てやや老いる自らを思い描くほどには若くもなく幻想も持ってはいない。
「ピープル・ラブズ・ユー?」
「ピープル・ヘイト・ユー?」
 人畜無害、毒にも薬にもならない店内のBGMが突然問いた、音量は変わらなかったが、そこにいる者々はうたた寝を阻害されたイヌのように飛び起きた。
 カウンター越しに居眠りしかかっていたコック帽の彼女は『店内禁煙』を忘れてマルボロをくわえた、そして先端に赤く灯る火種を上下に揺らしながら答えた。

「アイ・ヘイト・ユー」、「アイ・ヘイト・ミー」

 瞬間、その場の誰もが我に返る、その様子は撮影が終わったばかりの役者のようだった。
 意味のなさと技術のなさを「シュール」で誤魔化す陳腐な素人映画のような。

 残念なことに彼らは演者ではなく現実の住人だった、それぞれが嫌う何かが集約された、あまりにありふれた風景だった。

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-17 12:00 | カテゴリ:未分類


「草原の人」


黄土には緑が生えて、点々ながら白い蕾も、
眼を閉じ開ける、暮れ明ける、
刻は常に生くと逝く、

彼の地は焼土に焦土にされた、裸にされた森は東に、
焼けた砂が風に捲かれて、羊たちはもういない、

いつかはまた緑が映える、それを祈るのは牧童、
けれどそのとき咲くはずの、花の色を知るほどに、
人は長く生きてはいない、幼いながら識る超然、

目の前には途上の草原、混じる白髪と蒼い軟毛、
途中で切れた首輪を抱いた、羊飼いは貫く指笛鳴らしてた、

其処にいない羊を想う、綴られた1000年の褪せた羊皮紙、
人の造る神は酷薄、理不尽極まる争い好む神話の世界、

その牧童のつく溜息の、わずか隣を貨物列車が逃げてゆく、
荷台の影に牛の細い尾が揺れた、さよなら君よ、さよなら君よ、

おやすみ朝に昇る太陽、
おやすみ午後を告げる鐘、
おやすみなさい、散り散りゆく魂、
汝が永久なる夢に安らげますよう、

鹿の角でつくられた、羊の頭骨模した飾りを、
その両の手のひらで、眠らせるよう抱き包む、
ともに眠りにつくように、慈悲を指に絡ませる、
彼は牧童、草原の人、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
2014-01-07 00:41 | カテゴリ:未分類

「背徳の都市に孤独」


煤けたシャツが垂れる荒れ地に、座り人は何を見ている?
虚空を睨むそのさきに、合わせる対象らしきはない、

闇の市場に集う群れ群れ、
ほうぼう身勝手、主張の声は荒ぐばかりで、
怒号と悲鳴が十字に交う、ひとりひとりが独りに過ぎた、

背徳の都市に孤独が、
群集に紛れこむほど、より深く刻まれる、
額に痣の初老は道の端に倒れてる、眠っているやら死んでいるのか、

背徳の都市に孤独が、
慣れたつもりで掻きむしる胸、荒れ果てる微望の先に、
這いつくばるは氷の背中、生死は誰が咎めるもなく、

誰もが終わりを望むであれば、それは瞬にかなうだろう、
寄る辺もなく夜を染め上げ、

色濃く残る、青と白の合間に眠る、
旅に立つなら何を手にする?
裸に立つでは、この地はあまりに苛烈に過ぎる、

背徳の都市に孤独たちは群れなして、
冷たい雨をただ浴びる、
背徳の都市に孤独たちが群れなして、
凍る視界をただ見てる、


Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。