-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-14 22:26 | カテゴリ:未分類

「酔い夜篇」


孤独は夜に牙を研ぐ、
夜が孤独を牙にする、
行き場のない想いが溶ける、
永遠なんてありはしないし、それがないと知るやいま、

若い熱の花はいま、凍土に於いて氷に変わる、
湖面に落つる雫一滴、波紋に揺れる月の灯、

茫漠たる横たわる、振り返る砂の地に、
振り返れど足跡は、瞬く間に既に消ゆ、
別れに綴る言の葉も、遠ざかりし忘却もなく、

フランネルの外套の、道外れをゆく者は、
追いかける風に沿う、枯れた葉の茶の掠れた色味、

既に命は天に預けた、凍結する
忘れじの人、いまは空にて僕を嗤っているのだろうか、
酔いに乱れし夕こそ想ふ、

Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-02 23:37 | カテゴリ:未分類

「ルフトハンザの孤独」


解放された夜を使って、闇とレールを抜き去る詐欺師、
名前を夜ごと使い分け、本当の名前は誰も知らない、
義であるべきと誓いをたてた、カネに綺麗も汚いも、
所詮は甘えた寝言だろうと、

〝使い途は手にしてから考えるだけ〟

不要な者が力持つより、彼は甘い言葉を吐いた、

逃げ脚の、速さは生まれつきみたい、
ホラも史実も同じ列にて語られる、
母親らしきが数人もいた、父を名乗るに血を流されて、
薄汚なく見たレール、
扉の向こうに灰色がかった自由があった、
偽名が彼を解き放つ、夜の紛いに溶け込ます、

詐欺師は今宵も甘い嘘、ありもしない未知の金塊、
童話を写した宝の地図や、観測されない星でさえ、
酔いどれたちが集う夜会に、甘美極まるウソを並べて、
汚れた手から汚した手へと、
ばら撒く夢で手にする現実、

解放された、夜の詐欺師の猜疑心、
彼はたったひとりでさえも信じず、
塗り重ねた美談を抱え、青い午前に跋扈する、
遠くへ続くチケットは、片道だけで東に向かう、
振り向きざまに目に映る、飢えたネコが横たわる、

片手にナッツ、喉の奥から薄ら笑いの優しい嘘を、
閉じた眼には通過儀礼の街の鐘、
失くしたものを数えるも、手にしたものが見つからない、
せめて俺は自由だと、燃え尽く陽のオレンジ見てる、
新たな地でも同じ嘘、積み重ねては歩くんだろう、
すでにその名を持たぬ者、唯一あるのが自由に似た不自由で、
彼は誰も愛さない、
彼は誰も愛せない、



【Dust Stas Remix】
大嘘つきのロイ
ペテン師チェルシー
世界地図は血の跡
瞬光


Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。