-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-26 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅

 machinegunbilly on instagram  
Instagram

「スターマン」


朝の光は燃え盛りを待ち、しかし常に戸惑いばかりを今朝も集める、
永遠の終焉の、扉をどうにかこじ開けようと最終原野を駆け抜けた、
独りの男は絶えたラクダの血肉を啜る、骨だけ残ったシトロエンには皮の青灰、
地中深くに眠る瀝青、熱だけ残る炉、銀の鎧の殺し屋たちの胸像と、

青には灰を混ぜ合わせ、しかしは溶けもきらないその二つ、
荒野に咲く花のよう、美しさやら健気さやらを手を汚さず求める身勝手極まる怪獣たちよ、
想像では作り得ない、死骸が十字に重ね合わさる地球儀を、
ブルーグレイの三白眼は喉にナイフを突き当てようとしているところ、
そいつはキャンディ舐めるかわりに切っ先染める朱色の鉄の味を探っていると嘯いた、

此処にはない何処かを数百以上羅列して、
利き手を失くした彫刻屋に刻ませている、
微か楕円の水晶玉には二対の黒い水晶体の呼吸が映る、
子供のころ見た空想上の惑星が、開いたままの瞳孔にはなぜか生きてた、

どれほど穢れていたとして、ものに罪などあるものか、
害虫などと分類してる、ヒト科こそが忌むべきだと知っているんだ、
数百年前、あぶくのように弾けて消えて、
ブルーとグレイの中間しかなくなった、私の故郷のことなど誰も憶えていないだろう、
彼の名前はスターマン、もちろん偽名、名乗る名なんぞ持たずに生きた、
煙草の先には火花が咲いて、もつれた灰のカーリーヘアを掻き毟る、
旅路のことを語るのなんてもうやめたんだ、

ブルーグレイは皇帝となり、ブルーグレイは民衆に堕ち、
青と灰のどちらも飲んで、
モンマルトルやゴルゴダや、路地裏にある貧民街や阿片窟、
聖母の御前で仔となって、賛美歌流ればオルガンに、
月に捧げた犬を眺めて革命広場で体を売って、
踏みつけられた色のない花、王妃の金のティアラになった翌朝に、
草原へと解放された骨組みだけの車体となった、
馬車馬みたいに酷使され、絶えれば皮まで剥がされる、
時代は移れど変わることは多くなかった、
やがて進化を拒むだろう、果てには無人の荒野と化すだろう、
それそのものが星の行方と、スターマンである彼が、
知らないはずなんてなかった、

ブルーグレイは手を振りながらその対象がいないことに気づいてた、
ブルーグレイはふたつに割れた舌を出す、
そこには原初の蛇が咀嚼した、ガラス細工の円環が、
青と灰が交互に映る、それは星を模していた、





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに


☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル


★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編


★【掌短編集】 ショートショート・フィクション


☆【編集中】 当サイト全著述者紹介






Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



応援クリック、ポチッとして、どうぞ。

スポンサーサイト
2015-04-13 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅

「海岸にて舟を編む」


草木で舟を編んでゆく、
子供のころに誰かの髪を結い上げた、
その仕草を見上げる天に浮かべて舟を、
君と僕は草木で舟を編んでゆく、
凝らせば微か曲線の、流木拾って背骨に選び、
既に色褪せ絶えてしまった枝葉と根、
集めていたら其れはいつからだろう、砂辺に立って潮に揺られる塔になってた、

星を模した細い首飾りを下げ、彼女は舟を編み続けてる、
春の陽の瞬きのよう、淡い光は星を順に点滅させる、
風は僕らの輪郭を、景色に溶けて消えさせようと吹いていた、
か細い背と背を鏡のように合わせて僕ら、きれいな水に浮かべる舟を編んでいた、

器用さ、狡猾、逞しい肉体や、
自由、永遠、夢に見たる黄金原野、
どれひとつも仲良くなんてなれなかったよ、子供のままいられたらって思わないんだ、
幼さ、甘え、生意気さ、
ひとつずつを舟に載せ、黄昏れ時に水に揺れる直線へ、
旅立たせて微笑む白い、頰には消えないそばかすいくつか、
睫毛がつくる影が伸びゆく、今日がまた終わると言った、
水平線へと消えた舟の数など覚えてなんていられなかった、

水の底に眠るものもいるのだろうが、ここの水はきれいだからやがて何処かへたどり着くって君が、
お星様に語りかける真夜中のことを僕は知る、
明日には明日で、再び舟を編みながら、ぽつりぽつりと細い絹の雨のなか、
果てえぬ想いを縦と横に重ね合わせる日が待つ、
やがては永久に繋がるだろう、水辺に消ゆる舟を編む、
遥か彼方の星の子たちよ、





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
2015-04-11 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅

「鳥たちよ」


静謐満ちた無言の季は過ぎ、続く雨に鳥たちは、
海を越えた羽根を休めた、
合わせた手から十字を下げる、俯き加減の女性像の慈愛の下に、

眼下に臨む荒れた波の飛沫に酔って、
たどり着けずに落ちた数羽のことを忘れた、

想うのは艶やかなる花が舞う、禁猟区の森のこと、
氷点下の氷柱よりも冷たく尖る、断崖巡る有刺鉄線、
水晶よりもたどたどしい、微かな頭上の月灯り、

水没した楽園に、淫らな赤のアネモネ食べた赤い舌、
暴るる風に夥しく混ざる砂、蒼々たる風のなか、
半ばに尽きた者の葬送、

隠していたはず忘れたつもり、
いつかのキズがまた疼く、
鳥たち、航路を振り返りもせず、
今は唯、水たまりに映る光が太陽なのか月なのか、

嘴には白い蕾が、其れが消えた者の羽根一枚に、
どうにも其れにしか見えず、
たどり着いた禁猟区の緑の平原、目まぐるしくも季は移ろう、
今日も空を見上げるだけの地に這いつくばる僕たちは、
絹がごとく細い雨を縫って飛ぶ、儚い背骨を見送るだけだ、





machinegunbilly on instagram
Instagram






 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
2015-03-06 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅
<>div align="center">

machinegunbilly on instagram
Instagram

「イン・ア・ボトル」


外れ続けて投げ棄てられた降水予報機は眠りにつきかけ薄眼をあけてつたう滴に安堵する、
躯体はやがて錆びて失くなるだろうがそれでもいいとたぶん泣いてた、

路傍に凍る孤独なる、
赤をすべて吐き出しちまったワインボトルはラベルにチェコのトランプが、
カフカの羽根を背にするジョーカー、
王と女王は遥か高みで市井の民には指先さえも触れられぬ、金の匙と銀の器を稲穂のように持っていた、
雲を見上げているのは麦穂を愛でる人々と、彼等を載せるピックアップの運転手、

氷河に生まれた迷い子たちは青い季節を越えてなおも彷徨い歩く、
星が集まる時間に琥珀を注ぎしグラスを重ね、
これでいいと一人愚痴ては其の呟きに浮かぶ疑問符、
ありのままなんていう、無責任なる自己肯定は雨の何処かで流れちまった、

外れ続けて投げ棄てられた降水予報機は眠りにつきかけ薄眼をあけてつたう滴に安堵する、

日々を重ねて時代は移る、しかしは変わらぬ迷い子たちは雨の恵みを待つだけか、
置き去られた人工降雨機なる鉄片、いまや不要なブリキと玩具と箱から出されて荒れ果てたる砂地に転ぶ、
躯体はやがて錆びついて、手足は風雨に捥がれるだろう、
それでもいいと言って笑った、笑う以外に知らぬ人形、

私たちは其れに自身を重ね合わせる、
赤い魂なんぞは誰もが有す、しかしはそれが、ときに私たちを迷い子へと戻してしまうと知ってしまったからだった、




 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
2015-03-03 18:30 | カテゴリ:文芸パンク・旅

machinegunbilly on instagram
Instagram

「ロビンソン」


架空の地図は落書きだらけであちらこちらに宝の印、
心臓だけを喰いちぎれた、もう咲けないブーゲンビリア、
ミドリと赤いを混じらせた、花びら宙にこぼれてた、
捨てられないまま忍ばせた、手紙はスペルを間違えている、

彼はこの世界にはいない、君が未知を探すよう、
夏の喧騒過ぎたころに月が見渡す夜の海に消えてしまった、
良くも悪くもなかったと、うそぶく舌は細くて長い、

出航間近の帆船は、羽根を一枚、ツバメにもらう、
美しく凪ぐ水平、ひとりは口笛、月の砂漠を、
聴き飽きた昔話を瞼から遠ざけた、
再び港を離れるころに咲き忘れた一輪は、
孤独を握る手にはない、優し過ぎた思いはもう、
ここから先には要らないらしい、
銃声が聞こえてる、届くのは煙のニオイ、

航路はここから先にまだ広がり続けてゆくらしい、
ツバメは黄金くわえてる、そいつの速度が羅針盤、
自由が幻だとすれば、旅立つこともないだろう、
南から突き抜ける、蒼い風に頬を打たれて、
架空の地図には失われた国だらけ、
いま手にするのは航路を綴る白いキャンバス、
それくらい、それくらい、
ツバメの羽根とそれくらい、





 【 厳 選 】 当サイト既出人気記事一覧 ☆【絵本】 きみといっしょに
★【動画】 きみといっしょに

☆【長編】【失笑青春バンド小説】 イケメン・ジョニーはスーパースター
★【短編ノワール】 国境線上の蟻
☆【童話】 砂時計のクロニクル

★【自薦詩集】 「草原の人」を含む21編
☆【自薦詩集】 「草原には君がいた」を含む36編
★【自薦詩集】 「聞こえてくるアコーディオン」を含む26編
☆【自薦詩集】 「救世の子供」を含む31編

★【掌短編集】 ショートショート・フィクション

☆【編集中】 当サイト全著述者紹介




Copyright (C) 2015 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.


応援クリック、ポチッとして、どうぞ。
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。