-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-29 18:30 | カテゴリ:billy gallery






【画像】四季は刻々、ひたすら流れ



machinegunbilly on instagram

Instagram

……上記リンクに投稿した直近の写真です。イラストや動画を投稿することもありますが、基本的には風景写真を投稿することが多いです。

 当たり前のことですが、変化しないものはなく、すべては変化の途上にあるもの。時を止めることは誰にもできないし、すべて刻一刻と変わり続ける。好きや嫌いに関わらず。
 いま、この瞬間にも風景は音もなく時間を進めている。私たちがそうであるように。








Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.



〝Please give me an aid click〟

スポンサーサイト
2013-09-19 12:16 | カテゴリ:billy gallery

「画像集」













━━━━━━━━━━━━━━━
LINKS
ロックンロール・スイッチ

田中ビリー facebook
Twitter @machinegunbilly
Simplog
BILLY_TANAKA (instagrum)
flickr←new!!
シアター・ジャックナイフ(FC2ブログ)

流星ツアー/田中 ビリー

¥1,365
Amazon.co.jp


あの人への想いに綴るうた/渡邉 裕美

¥1,470
Amazon.co.jp

ビリーバナー

Copyright (C) 2013 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.
2013-02-17 19:38 | カテゴリ:billy gallery
〝JACKPOT DAYS〟-image


「星を探す男」
一攫千金だけを狙って、アパートメントの屋上階で、
高く売れる昼間の星を、酔狂モノに売り払う、
手筈だけを調整してる、



〝JACKPOT DAYS〟-image

「蛇使いの朝」
男には目の前の、毒をもつ爬虫類、
そいつだけが友達だった、だけど男はその友達に、
噛みつかれて死ぬ夢を、死ぬ夢ばかり見てたんだ、
それでいいって目覚めた彼は、ぬるい水を一口飲んで、
「俺もお前もろくでもない生涯だった」、
笑ってやれば愉快じゃないか、



〝JACKPOT DAYS〟-image

「恋人」
大好きな、彼女と手を繋いでる、
どこまでだって行けるような、
だけど生きたい場所はないような、
いつも僕らは途方に暮れる、



〝JACKPOT DAYS〟-image

「カウボーイ」
黄金の髪を持つ、神に近い馬に乗る、
カウボーイが憧れだった、
テキサス荒野を無尽に翔ける、
カウボーイが憧れだった、



〝JACKPOT DAYS〟-image

「果実」
「知恵の実なんて口にしたから、
そこからヒトは狂い始めたの」
辛いのが当たり前、そんなふうにおもってる、
ほんとは悲しみだとか苦しみなんて、
要らなかったはずなんだ、ヒトはあまりに変わり果て、
挙げ句は命の苦しみまでも感じずにいられない、
動物に、原始に還れば僕たちは、
きっとずっと楽になれるよ、人なんてやめちまいな、
下らないって分かってんだろ、



━━━━━━━━━━━━━━━
〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)


〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた


〝JACKPOT DAYS〟-image
2013-02-10 11:24 | カテゴリ:billy gallery
〝JACKPOT DAYS〟-image



 こんにちは。どアップによる私こと田中ビリー、その左眼です。視力は0.03ほどしかありませぬ。
 測定では同じなのですが、右眼は「瞳孔の収縮速度がやや遅い(医師談)」らしく、光にとても弱いのです。んなわけかどーか分かりませんが、利き目は左です。運転中はサングラスがかかせません。
 利き目の左は「この世ならざる存在」を頻繁に捕捉してしまう特殊能力があるのですが、ごく率直に怖いので「そんなもんはいねぇ」と思うことにしています。

〝JACKPOT DAYS〟-image


ヘビ使いはその日も変わらず、

〝JACKPOT DAYS〟-image


神を恐れぬふりをして、

〝JACKPOT DAYS〟-image


夕刻まで神を飼う、そのつもりでいた、

〝JACKPOT DAYS〟-image


遠くシベリア、ツングースカでは衝撃が、

〝JACKPOT DAYS〟-image


やがて地球は氷河を迎え、月の裏側にも似た廃景、

誰もが分かっているはずだった、
なのに止めようとはしなかったんだ、
あまりに「いま」に手一杯で、未来に馳せる余裕がなかった、
だけどそれはヒトが選んだ、僕らも加担者かもしれない、
それでもきっと残る誰かもいるんだろう、
岬にて待つ、最期に泣くのは誰なんだろう、
絶望の、なかにも光、
手にするはずのささやかな、それを見るのは最期まで、
走り続けた者だけだろう、せめては笑顔で見送るよ、
置いてゆかれる、それはヒトだけ、
聖人さえも極悪も、所詮は同じ種族でしかない、
そんなもんだろう、誰が異を唱えるだろう、



〝JACKPOT DAYS〟-image
2013-01-07 20:26 | カテゴリ:billy gallery
photo:01


陽はまた昇り黄昏れる、
日々、それを繰り返す、
君も僕も誰も同じで、

photo:02


とんでもないクツを履く、
シャンデリアを足に飼う、
だけど紛いの石ばかりの安物、

photo:03


このたこ焼きはなんと100円、
コスパがすげぇ、コスパがすげぇ、
だけど美味い、それがすげぇ、

photo:04


好きなもんは変わらない、
相変わらずのデニムとシューズ、
持ち物はタバコとハット、

photo:05


目つきがヤバイな、こいつはヤバイ、
飲んでばかりの年末年始、
そろそろ生活変えなくちゃ、


 昨日、久しぶりにヒゲを剃りました。現実モードと言うか……まあ、そんなとこで。人に会う機会もあるし、小綺麗にしておこうかと。

……まあ、なんつうか、特に書くこともなく(笑)。凡々となんでもない日曜をやっておりまする。

〝JACKPOT DAYS〟-image
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。