-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-12 20:06 | カテゴリ:小説 「流星ツアー」
流星 小説 画像


〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

【流星速報】


……つうわけで、昨夕の「夏休み宣言」の舌の根も乾かないうちに参上している厚顔無恥にしてツラの皮が厚すぎるビリーです。

 なんでも今夜はペルセウス座流星群だそうな。
……まあ、どんな流星だか知らないんですけど、「ビリーさん、今夜は流星だよー」と教えてもらったので、宣伝のために限定復活、明日からまた休みます(笑)。

「流星ツアー」をこのブログに連載したのが二年前の夏。
 もはや書いた本人が詳細を忘れてしまっている事実。
……そんなんすぐ忘れるで(笑)。
 でも、なんやかやで評判も良いし、敬愛する細田守監督にアニメ映画化をお願いしたいオラなのです。
 
 細田守監督と言えば……。
「時をかける少女」、「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」の監督であり、また、前述の作品に加え、「エヴァンゲリオン」シリーズのキャラクターデザインを手がけられた貞本義行さんは僕にとっては神の領域のクリエイターさん。


……。
 なにを言いたいのか分からなくなってきたのですけど。
 ともかく、「流星ツアー」をどーぞよろしくお願いします。

 では、再び夏休みに戻ります。
 ほんじゃ、また、いつか ( ´ ▽ ` )ノ

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた
 出版に際し、とてもとてもお世話になったゆり呼りんの詩画集もよろしくお願いしますやで。

ビリーバナー

田中ビリー facebook
Twitter @machinegunbilly
BILLY_TANAKA (instagrum)
シアター・ジャックナイフ(FC2ブログ)

ロックンロール・スイッチ


 じゃ、またいつか。
スポンサーサイト
2013-03-09 11:24 | カテゴリ:小説 「流星ツアー」
〝JACKPOT DAYS〟-image



……60年ぶりに飛来する流星群、ナイトライン。
……ダムに沈むと決まった村に暮らす少年と少女。
 再起を目指す元エースピッチャーと彼の妻。
 60年前の流星群の写真と、それを撮ったカメラマンを看取った老婦人……。
 あの夏、そこに生きる人々は本州最南端の岬へと願いととも旅に出た……。
「流星ツアー」⇒こちらから

……って、単なる宣伝ですけども。あとでまた何か書きます(笑)。
 あ、土曜なので今週のまとめ記事を書きましょうかね。
 ではまた後ほど。



━━━━━━━━━━━━━━━

〝JACKPOT DAYS〟-image

〝JACKPOT DAYS〟-image

あの夏、ぼくらは流れ星になにを願ったんだろう……
流星ツアー(表題作を含む短編小説集)



〝JACKPOT DAYS〟-image

あの人への想いに綴るうた

〝JACKPOT DAYS〟-image
2012-12-13 20:50 | カテゴリ:小説 「流星ツアー」
“JACKPOT DAYS” all performed by Billy.-111108_164247.jpg

“JACKPOT DAYS” all performed by Billy.-110812_191021.jpg

60年ぶりに飛来する流星群・ナイトライン。
古来から願いを託された流れ星、それを前に人々は何を思い、そこへゆくのか。

8月2日から8月12日に渡り連載しました「流星ツアー」、その全編を。

流星ツアー #1
流星ツアー #2
流星ツアー #3
流星ツアー #4
流星ツアー #5
流星ツアー #6
流星ツアー #7
流星ツアー #8
流星ツアー #9
流星ツアー #10
流星ツアー #11
流星ツアー #12
流星ツアー #13
流星ツアー #14
流星ツアー #15
流星ツアー #16 (最終話「星に願いを」)


“JACKPOT DAYS” all performed by Billy.-110812_184723.jpg

彼らは語り次ぐだろう、この夏のことを、そして託した願いのことを。
流星は遠ざかれども、人々は願わずにはいられない。

命は続いてゆく。



※この物語は親しいブロガーさんのページで「獅子座流星群」の話題になっていたとき、「天候がいまひとつだから見られないかな……」なんてコメントをやり取りしていて、その時に「じゃあ、俺が流星を見せる」なんて大袈裟なことを言い、それがきっかけでスタートしました。

流星が観測される予定の日に最終回をもってくるため、削ったエピソードが多く、また朝夕の2回更新で一気に突っ走った記憶があります。

また、架空の設定ながら明確に現在の日本を舞台にしたのは初めてでした。

この物語の続編を期待されていましたが、イメージを残したままで書いていません。
来年、やろうかとも思っています。

いわゆる小説の体裁で書いたもののなかでは、これが自分でも一番好きです。自画自賛に過ぎませんけどね(笑)。

おヒマのある方はどうぞ♪
お忙しい方はまた時間のあるときに♪



“JACKPOT DAYS” all performed by Billy.-120105_234145.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。