-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-23 10:00 | カテゴリ:文芸パンク・旅

「旅立つ者よ」


見果てぬ先に風が吹くとき、
西から東、尖って乾いたそれが鳴るとき、
海と空の境界駆ける鳥に似た声、
どこから吹いて、どこへ流れる?
いまだに誰も、吹かれていない旅の歌、

僕は君はその行く先を睨んでた、
荒れた地ばかりが拡がり続け、
道らしい道もなく、辿るべきの足跡さえも見当たらない、

僕は思う、君に問う、
君は思う、僕に問う、

風の声に耳を澄ませて、
天が涙するときは、両の手を高く掲げた、
稲妻が喚く夜にはその叫びを浴びてみようと、

朝焼けには目を細め、
天の幾億、星を数える、
陽に灼かれても砂上を歩く、
凍てつく氷原、そこでさえも立ち止まりもせず、

新しい世界では、新しい名前を呼び合った、
新しい街に迷い、新たな想いを語り合う、
出会い重ねる人々の、鼓動を胸に刻み続けて、

孤独に負けない心を持って、
探しているのは優しく激しい、その言葉は人の体温、

抱いた想い、そんな全てを自分の言葉で紡いでみたい、
愛だとか自由だとか優しさだとか、
あるいは希望や願いでも、
かたちにはならなくも、誰もが胸に宿らせる、
命の想い、希求と賛歌、
果てしない旅の途中、

目を閉じて、微かに感じる光に手をかざす、
旅人はいま、その名を移民に変えて、
立ち止まるをやめるだろう、
空を見上げた、そこには風に乗る鳥が、
この世でもっとも美しい、
その瞬間は、僕が君が知るだろう、
ひとつとひとつの孤独に過ぎぬ魂として、

孤独は孤独と重なり合う、
旅の途上の人々は、いつかの約束ぶら下げて、
青みを走る頭上の鳥が南へと、差し出された細い手は、
陽の真下に広がった、数多の羽根と重なった、




STAR ENTRYS

閃 ロックンロール ワールズエンド
天 草原 蟻
ゾンビ 祈り 砂時計


【PR】

Copyright (C) 2014 copyrights.billy tanaka All Rights Reserved.

〝Please give me an aid click〟
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へにほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://stardustjohnny.blog.fc2.com/tb.php/3040-52468557
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。